Tsuyoshi Nagai

上達するには、第1段階として、ずばり

『ジムカーナの練習時間を多くとること』

です。ちょっと考えてみて下さい。これを読んでる人はオートバイに乗っていると思います、はじめはオートバイに乗れなかったと思います。しかし教習所で乗るたびに乗れるようになり、卒業してから街中で乗るたびに免許を取得する前よりオートバイを乗りこなす事が出来るようになっていったはずです。

それと同じでジムカーナも一種の『慣れ』みたいなものがあるのは事実です。このジムカーナのスピードレンジに慣れることは上達への第1段階であり『慣れ』るためには なるべく多くジムカーナの練習を行う必要があると思います。

第2段階として、

『他人との違いを分析し、真似る事が出来ること』

です。これは、たとえば練習会等でトレインと呼ばれるみんなで連なって走る走行方法があり自分よりちょっとだけ早い人が自分の前を走っていたりするものですが、その人は何故自分より速いのか?その違いは何処から来るのか?

(乗っているオートバイの違い、走っているラインの違い、コーナーの出口でアクセルを開けるポイントの違い、アクセルを開けている量の違い、コーナーへのアプローチラインの違い、ブレーキングのポイントが早い遅いの違い、ブレーキングの掛け方の強い弱いの違い、コーナリングしているときの走行スピードの違い、コーナリングしているときのバンク角の違い、コーナリングしているときのライディングフォームの違い)を分析して、その自分より少しだけ速い人の真似が出来ることです。

第3段階として、

『自分のライディングの限界点を自分で破ること』

です。これは今までの自分の限界と思われていたライディング

(アクセルの開け始め閉じるポイント、コーナリングスピード、コーナーリング時のバンク角、ブレーキングのポイント、走行ライン等)

を自ら打ち破り、より速く走るために自ら進化して行くことです。これは、練習会等で自分で自分の走行タイムを計りながら走り、より速く走るためにどうしたら良いか自分自身で考えながら走り自らのタイムを更新する為の走りを自分で開発していくものです。

第4段階として、

『ジムカーナに対して貪欲になること』

です。実はある意味これが一番大事です。これは実に表現しづらいのですが、現在のジムカーナシーンで早いと言われている人はすべからくこれを持っていると思います。この貪欲になるということはジムカーナに対して常に

『もっと、もっと、もっと・・・・・・・・・』

と思うことで、例えば

『もっと練習したい』
『もっとコーナーを速く曲がりたい』
『もっと深いバンク角を出したい』
『もっと良い成績が欲しい』
『もっと上のクラスで走りたい』

等々です。この心の持ち主はどんどん勝手に早くなります。

その他として

『ジムカーナという競技をよく分析すること』

です。これは、ジムカーナという競技がスタートしてから、ゴールするまでの『時間』が早ければ早いほど良い成績と言う事をよく肝に命じるということです。たとえば、回転中の走行スピードはもの凄く速いけど、走行ラインが膨らんでいる為に、タイム的には遅かった!なんていうことが良くあります。

また何処でも速く走ればいいわけでは無く、あるセクションをタイム的に早く通過するには捨てなければいけないコーナーやターンやラインがあるということです。

また、このジムカーナという競技が1日の内に2回しかタイムアタックが出来ないと言うことです。これは、『練習の時に早くても本番で結果が出ない』なんていう人に多いのですが、練習で走り込んだ時に走る走行ラインや走り方が本番でそのまま全てが生かせるものでは無いということです。

これを良く理解していないと、本番でペナルティーをもらったり、本番の走りが『ムリ・ムダ・ムラ』だらけになってしまい、タイムアタック中に『こんな筈でなないのに』、『これはいつもの自分ではない』なんて思ってしまったりします。これら練習時の走りと本番で出せる実力の違いを良く理解してタイムアタックに望む必要がジムカーナにはあります。